電撃文庫公式サイト

  • 新刊/既刊情報
  • 新作紹介
  • 電撃文庫MAGAZINE
  • メディアミックス情報
  • エッセイ
  • 電撃大賞
  • うぇぶらじ@電撃文庫
  • 読者アンケート
  • グッズ紹介
  • 電撃文庫カレンダー
  • 電撃文庫メルマガ
  • 編集部ブログ

新作紹介

絶対ナル孤独者≪アイソレータ≫1 ―咀嚼者 The Biter―

  • Amazonで購入する
  • 立ち読みする

電撃文庫

絶対ナル孤独者≪アイソレータ≫1 ―咀嚼者 The Biter―

  • 著者/川原 礫
  • イラスト/シメジ
  • 定価 (本体590円+税)
  • 2014年6月10日発売
  • ISBN 978-4-04-866510-0

『AW』『SAO』の川原礫によって描かれた
ウェブ小説の最後の作品が電撃文庫でついに登場!

 二〇一九年八月。
 地球上の、いくつかの都市部に、人類が初めて接触する地球外有機生命体が複数落下した。のちに《サードアイ》と呼ばれるその球体は、接触した人間たちに、現代科学では解明できない《力》を与えた。
 ある者には、音さえ追い越す《速さ》を。ある者には、鋼さえ断ち切る《刃》を。そしてある者には、万物を噛み千切る《歯》を。
 十七歳の少年、空木ミノルもその中の一人だった。彼がただ一つ望み、そして得た能力。
 それは《孤独》。
 絶対的な孤独を実現するその≪力≫は、しかしミノルを望まぬ戦いに巻き込んでいく。
 平凡だが平穏な義姉との暮らし。そのひとときが壊されるとき、ミノルは絶対なる≪孤独者(アイソレータ)≫として覚醒する――!

[コンセプトアート]

 

「絶対的な《孤独》を求める……だから、僕のコードネームは《アイソレータ》です」
『AW』『SAO』の川原礫によって描かれたウェブ小説、その最後の作品が電撃文庫でついに登場!

[キャラ紹介]

待望の新シリーズ、その登場キャラクターをいち早くお届け!
川原礫&シメジのコメント付き!

  • 空木ミノル

    空木ミノル

    義姉である典江と暮らす平凡な少年。≪孤独≫を愛し、自身の記憶を他人に残すことを嫌っている。宇宙から訪れた謎の球体≪サードアイ≫によって、特殊な能力に目覚める。「……おはよう、箕輪さん」


    川原's memo

    彼の能力はとてもシンプルなアイデアから生まれたのですが、実際に書いてみると運用がなかなか大変でした。表面の摩擦とかどうなってるんですかね……。『アクセル・ワールド』のハルユキ君と張り合えるくらい後ろ向きなミノル君ですが、応援よろしくお願いします!

    シメジ's memo

    初めはものすごく暗い印象を意識して描きました。ミノルはきっと常に人を遠ざけるような表情をしているだろうと思いました。するとドスが効きすぎてしまいましたので、主人公らしくノーマルな感じに抑えました。
  • 由水典江

    由水典江

    ミノルの両親が亡くなった後、彼を引き取ってくれた女性。明るく陽気な性格で、常にミノルのことを気遣ってくれる。


    川原's memo

    ミノルの超ネガティブっぷりを相殺するくらい明るいお母さん兼お姉さんですが、典江さんにも背負っているものはあるはずなので、いずれもっと掘り下げて書いてみたいキャラクターですね。

    シメジ's memo

    典江さんは良き母の象徴のようなキャラクターで、すぐイメージが湧きました。お母さん的な装備はフルで揃ってます。典江さんはアザラシグッズを集めるのが趣味に違いないと思いました。
  • 安須ユミコ

    安須ユミコ

    ミノルと≪咀嚼者≫との戦闘中に乱入してきた女子高生。害意ある≪サードアイ≫所有者への対処を専門とする≪ある組織≫に所属している。


    川原's memo

    この子の能力もかなり直球です(笑)。そしてヒロインのはずなのにえらいツンケンしています。とってもマジメなので背負わされてしまった責任にもマジメに向かい合っていますが、そんな彼女をミノルが支えてあげられるように……は当分ならない気配……。

    シメジ's memo

    初期に描いたものは、真っ黒でシンプルなデザインでしたが大幅に変えました。ユミコはとても真面目で義理堅い人間ですね。誰かに言われなくとも街をパトロールしてそうです。けれど子供っぽく怒ったりするところがかわいらしい。そういう印象を意識しています。
  • 箕輪朋美

    箕輪朋美

    ミノルと同じ中学校の出身だが、高校に入ってバッサリと髪を切ったため、ミノルは彼女を認識できなかった。早朝のジョギングで偶然出会い、交流が深まる。


    川原's memo

    web掲載版ではちょこっと顔見せする程度のミノワさんでしたが、文庫版ではもうひとりのヒロインと言ってもいいくらいのキャラクターになりました。いいですよねジャージ。攻めてよし守ってよしの最強装備だと思います。

    シメジ's memo

    陸上部ということで、少しサルっぽさをイメージして描いています。短パンからスパッツが出てるイメージは最初からありました。髪の毛が軽くてよく光り、屈託のない顔で笑う女の子なのだろうなと思いました。

SPECIAL スペシャルリンク

PAGE TOP